話題のフリーランス向けサービス『FREENANCE』を使ってみる2(請求書登録〜即日払い編)

2018年より提供を開始したお金と保険のサービスFREENANCE。フリーランス特有のさまざまな悩みを軽減したいと考えている人には、ぜひご利用いただきたいサービスです。

今回はFREENANCEの「即日払い」の使い方を詳しく解説させていただきます!

事業売上を最短で即日ゲット

FREENANCEの会員になると、即日払いサービスの利用が可能になります。クライアントに向けて発行する請求書(専門用語で売掛債権と呼びます)をFREENANCE事務局が買い取り、その代金を即日、自身の銀行口座に振り込んでもらうことができるのです。

フリーランスのギャラといえば「月末締め翌月末払い」が主流。つまり仕事を終えてもお金をゲットできるのは約一ヶ月後、というケースが多いですよね。これがネックになっていた人にも、この即日払いは非常におすすめのサービスです。

即日払いを利用する際には一定の手数料が発生しますが、フリーランスならではのお金の悩みが軽減すると思えば、メリットが大きいのではないでしょうか。

今回は、即日払いの利用の流れを詳しく紹介したいと思います。

まずはクライアントに請求書を送付

即日払いを利用する前に、必ず請求書をクライアントに送付しましょう。

FREENANCEが買い取ることができるのは、クライアントに送付済みの請求書になります。

請求書に記載する「振込先」には、必ずフリーナンス振込専用口座を指定してください。

※請求書をメールで送付する場合、bccに「shinsa@freenance.jp」を入れると、この後の審査がよりスムーズに進みます。

会員ページにログインして請求書を登録

請求書を送付したら、会員ページにログイン。即日払いを希望する請求書(クライアントに送付済み)を登録しましょう。

ちなみに今回は2019年6/14(金)AM10:00に手続きを行ってみました。

マイページのトップページ内にある「追加」ボタンをクリックします。

追加ボタンを押すとフォーム画面に進むので、ここに必要事項をもれなく記載します。記載事項は以下です。

●請求金額(円・消費税込)…金額・消費税・経費の合計を入力します。

●源泉徴収税(円)…該当しない場合は「0」を入力します。

●請求日&振込期限

●請求先会社名、請求先担当者

請求先会社名は、会社名を入力して「取引先の特定」ボタンをクリックしてすると1〜複数の候補が現れますので、その中から今回の請求先を選択してください。

このフォームに入力する内容と、請求書に記載された内容に相違がある場合は即日払いが利用できない可能性もありますので、入力内容に間違いがないかもう一度よく確かめましょう!

必要事項を入力したら、即日払いを利用したい請求書のデータをアップロードします。請求書にはフリーナンス振込専用口座が振込先として記載さていることが必須になりますので、こちらもアップロード前にしっかり確認しましょう。

(アップロードが可能なファイル形式はjpg,.jpeg,.png,.gif,.pdf、ファイルサイズ:10MB 以下)

必要事項の入力&請求書データのアップロードが完了したら「登録&即日払い」ボタンをクリック。

次に登場する確認画面で、<即日払い合計金額>に間違いがないか確認しましょう。即日払い合計金額は、売上金額から即日払い利用手数料と源泉徴収を差し引いた金額になります。

即日払いが利用できるのは、この<即日払い合計金額>が10,000円以上に限りますのでご注意を。

金額等に問題がなければ「即日払いを申し込む」ボタンをクリック。振込予定日は6/14(金)、つまりこの作業を行っている当日になっています!

ただし以下のような場合は、即日ではなく翌日払いになります。

・審査の完了が正午を越えた場合。(申し込みから審査完了までの所要時間は混雑状況によって異なります。)
・土日祝日など、金融機関営業日以外に申し込んだ場合。

あとは審査結果を待つのみ!

こんな完了画面が現れたら、登録作業はひとまず完了です。

この後はFREENANCE事務局により審査が行われますので、その審査結果を待ちましょう。こちらの画面にも記載があるように、取引内容が事実であることの確認に役立つ契約書類や取引先担当者とのメールのやり取りなどを転載すると、即日払いの審査がスムーズになります。

「エビデンスの提出と言われても、秘密保持契約等に抵触してしまうのでは?」と、心配になる人もいるでしょう。もちろん、開示不可能な部分は黒塗り等で提出していただいて大丈夫です。有効なエビデンスは以下です。

1) 先方担当者との連絡の履歴(必須)
またはそれに該当するチャット、メッセンジャー等のやり取り
※下記内容が含まれていることは必須となります。
●先方のアドレスが確認ができる部分
●金額、納品、請求書の送付が確認ができる箇所

2)契約書、発注書等、またはそれに該当するやり取り

3)納品物、またはそれに該当するもの

上記、必須項目を含めたいずれかまたは全て。

※エビデンスは請求書登録後にメールで送付するのはもちろん、請求書をアップロードする際に、一緒にアップロードすることもできます!

気になる審査結果はメールで!

それから数時間後、登録していたメールアドレス宛にこんなメールが届きます。

タイトル:【フリーナンス】即日払い審査結果のお知らせ

この度はフリーナンス即日払いにお申し込みいただきまして、
誠にありがとうございました。

お客様のお申込みを審査させていただきました結果、
即日払いをお引き受けさせていただきますこととなりました。
以下の条件にて即日払いを実行させていただきます。

請求書宛先: 株式会社●●●
即日払い金額: ¥88,011
振込予定日: 2019/06/14

※実際の振り込まれる金額は振込手数料¥350を差し引いた金額となります

即日払いの実行まで今しばしお待ち下さい。

無事審査が通ったようです。さらに数時間後、こんなメールが到着。

タイトル【フリーナンス】送金のお知らせ

いつもフリーナンスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
お客様のメインバンクへの送金が処理済みとなりましたのでお知らせ致します。

これで即日払いが完了です!!

残念ながら即日払いが利用できないケースも・・・

さて、今回はスムーズに審査が通り無事即日払いを利用できましたが、残念ながら審査の段階でお断りとなるケースもあります。その場合は以下のようなメールが届き、メール本文内に即日払いが利用できなかった理由が明記されています。

いつもフリーナンスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度はフリーナンス即日払いにお申し込みいただきまして、
誠にありがとうございました。

お客様のお申込みを審査させていただきました結果、
以下の理由にて今回はお取引を見送らせていただくこととなりました。

——請求書にお支払い期日が記載されておりません。——

この場合は必要な修正を行い、請求書を再登録しましょう。

お金に関するストレスを軽減!

本来であれば7月末入金になる6月の事業売上が、即日入金されるのは嬉しい限りですね。お金に関するストレスや不安を、だいぶ軽減できるのではないでしょうか。

最初は即日払いの利用にあたって10%程度の手数料が発生しますが、即日払いや収納代行を使い続ければ与信スコアがアップして手数料率が下がって行くのも嬉しいポイント。

次回は、与信スコアについて解説したいと思います!

お金と保険のサービス『FREENANCE』ご登録はこちらから!

登録や口座開設についての詳細はこちら! フリーランスのためのお金と保険のサービス『FREENANCE』を使ってみる①(登録~審査編)