FREENANCE MAG

【弁護士が解説】「最短即日」で報酬を受け取れるファクタリング

ファクタリング

金融サービスファクタリング(Factoring)のメリットは、最短即日で請求書(売掛債権)を現金化できる点です。ではなぜ、そのような短いスパンで利用できるのでしょうか。

そこで今回は、「2社間ファクタリング」「3社間ファクタリング」の概要をはじめ、 最短即日が可能となる理由などについて解説していきます。

買取ファクタリング=「2社間」「3社間」の2種

ファクタリングとは一般的に、「あなた(サービス利用者)」が「取引先(売掛先)」に対して有する「請求書(売掛債権)」を「ファクタリング会社」に買い取ってもらうことを指します。このようなファクタリングは、買取ファクタリング(買取型)とも呼ばれています。

売掛債権は通常、すぐに現金化されるのではなく、決まった期日まで現実の入金を待つ必要があります。しかし、資金繰りのため即日で現金化したい場合もあるでしょう。こういったニーズに対応できるのが、売掛債権を入金期日前に現金化できるファクタリングです。

買取ファクタリングには、一般的に「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種があります。

2社間ファクタリングとは

2社間ファクタリングは、「あなた」と「ファクタリング会社」との間だけで完結するファクタリングです。

具体的には、「あなた」が「ファクタリング会社」に売掛債権を買い取ってもらい、「ファクタリング会社」は「あなた」に対して売掛金から手数料を除いた金額を支払います。「取引先」にはサービスを利用したことは知られません。

なお、2社間と3社間のファクタリングを比較した際、売掛債権の現金化が最短即日」となるのは、一般的には2社間ファクタリングの場合が多いでしょう。

3社間ファクタリングとは

3社間ファクタリングは、「あなた」と「ファクタリング会社」だけでなく、「取引先」も関与するものです。

3社間ファクタリングでも、2社間ファクタリングと同じく「取引先」に対する売掛債権が「あなた」から「ファクタリング会社」に売却されますが、売掛金が「取引先」から直接「ファクタリング会社」に支払われるのが2社間との一番大きな違いです。

ファクタリングは「最短即日」で報酬を受け取れる

ファクタリングでは「最短即日」で売掛債権を現金化できます。民法上、債権譲渡によって新しい債権者となった者が、債務者である売掛先に請求をするには債権譲渡通知を債務者に送付するか、債務者から承諾を得る必要があります。

一般的に2社間ファクタリングでは、3社間ファクタリングで行われる債権譲渡通知や承諾といった手続きを省略でき、かかる時間が短くて済みます。そのため、比較的に「最短即日」でのサービス利用が可能な場合が多いです。

ファクタリング会社選びは慎重に

「最短即日」で売掛債権を現金化できるファクタリングは、法的にも認められています。しかし、中にはファクタリングをかたった悪質業者がいるのも事実です。例えば、サービス利用者からの支払いを分割払いとするなど実質的には「貸付をしている」とみることができる業者が、出資法などで定める上限金利を超える高額な手数料を要求するケースがあります。

また、サービスごとに手数料、登録方法などといった条件は異なります

このため、ファクタリングを利用する際には、契約条件などを十分に比較検討した上で、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

まとめ

ファクタリングは「あなた」にとって利用しやすい一方で、自分に合ったサービス内容を選択することが重要です。急ぎでファクタリングを利用したいという場合であっても、各社の利用規約や評価などを事前によく確認しながら利用していきましょう。

執筆者profile
弁護士 松浦絢子
松浦綜合法律事務所代表。
京都大学法学部、一橋大学法学研究科法務専攻卒業。東京弁護士会所属(登録番号49705)。宅地建物取引士。法律事務所や大手不動産会社、大手不動産投資顧問会社を経て独立。IT、不動産、相続、金融取引など幅広い相談に対応している。
FREENANCE

ピンチにも、チャンスにも。ファクタリングサービス
「FREENANCE即日払い」

FREENANCE会員(会員登録は無料)になると、手持ちの請求書を最短即日中に現金化できるファクタリングサービス「即日払い」を利用できます。
会員登録自体は最短3時間程度で完了。会員登録を申し込んだその日に即日払いを利用することも可能です。
https://freenance.net/sokujitsu

▼あわせて読みたい!▼

今すぐ無料登録
会費ずっと
0