【ファイナンシャルプランナーに聞く】フリーランスが積立投資を検討する際のポイントは?

年金制度等への不安が広がる中、注目が高まっている積立投資。言葉はよく耳にするけれど、いまいちその概要がわからないという人や、「そもそもフリーランスが投資なんてできるの?」と思っている人もいるかもしれません。

今回はファイナンシャルプランナーの神田圭右さんに、フリーランスの積立投資の賢い活用法についてお聞きします。

profile
神田圭右:2008年に丸三証券に入社し、現在は個人を中心とした資産運用コンサルティングなどの業務を担当。業務のかたわら、ファイナンシャルプランナーの資格を生かし、フリーランスから会社員まで、幅広い職業・年代の顧客の資産運用の相談に応じている。

2018年から少額投資非課税制度「つみたてNISA」が登場

まずは前回のお話で、フリーランスが老後資金を蓄える手段の一つとして、「つみたてNISA」などの非課税制度の活用があるとお聞きしました。つみたてNISAという言葉は知っていても、きちんとその概要を理解していないという人も多いと思うのですが・・・。

「つみたてNISA」は2018年からスタートした少額投資非課税制度の投資です。少額から、そして長期の積立・分散投資を支援してくれる点が大きなポイントです。

つみたてNISAの最も大きなメリットは以下の2点です。

MEMO
<対象商品が限定されている>
つみたてNISAは国が定めた基準にもとづき、「公募株式投資信託」「上場株式投資信託(ETF)」に対象商品が限定されています。これらの商品には
・手数料が低水準
・分配金の支払いが頻繁ではない
といった特徴があり、長期・積立投資に適しているといわれています。
また、何百種類の中から商品を選ぶ手間を省くことができ、初心者でも利用しやすい仕組みになっています。
MEMO
<非課税制度>
つみたてNISAは毎年40万円まで投資信託を購入することができます。そして
・投資信託の保有期間中に得た分配金
・投資信託を値上がり後に売却し、それによって得た利益
には課税されません。(投資信託を購入した年から20年間)

まずは少額から始めてみるという方法も

フリーランスの人がつみたてNISAを利用する際の、コツなどはありますか?

つみたて NISAは指定口座から毎月決まった金額が自動的に引き落とされることになりますので、収入が安定しにくいフリーランスの方は、それに抵抗を感じるかもしれません。

しかしつみたNISAは1,000円から運用できる金融機関が多いので、まずは少額から始めてみて、様子を見ながら投資金額を増やしていっても良いかもしれません。

積立の特徴は、設定した金額を毎月同じ日に投資するので、自分自身でタイミングを見て投資する必要がないことです。これは投資時期の分散になるため、リスクの軽減にもなります。

初心者でも少額からの投資なら不安が少ない

さらに「長期」で「積立」を行うことによって、より一層リスクを軽減することができます。途中で経済状況が変わった場合は、投資金額を変更することもできますので、あまり身構えずに始めてみても良いと思いますよ。

ネット証券ようにインターネットのみで手続きを行うのが不安であれば、金融機関窓口で担当者に相談しながら、購入する商品や金額を決めることもできます。実際に私のところへも、投資初心者のフリーランスの方が相談に来ることもあります。不明点があれば、遠慮せずにプロに相談してみましょう。

投資初心者におすすめの投資方法などがあれば、教えてください。

これはフリーランスの方に限らずですが、最初は「バランス投信」をセレクトするのがおすすめです。

バランス投信とは、株式や債券など複数の資産に投資する投資信託を指しており、資産を分散しながらリスクを抑えて資産運用できるのが大きな特徴です。例えば国内外の株式や債権を組み合わせたプランなどがあらかじめ用意されているので、初心者でも比較的簡単にリスクを抑えた分散投資が可能です。

iDeCoとどちらに加入するか迷っているという人も多いと思います。

iDeCoは拠出金を所得控除することができるので、自営業の方にもおすすめの制度です。任意で加入できる私的年金制度で、自分で掛金を拠出し、運用方法を選択することができます。給付を受け取る際に税制上の優遇措置があるのも大きなポイントですね。

税制上の優遇措置も大きなポイントになる

ただし60歳まで解約できないというルールがありますので、人生の途中でお金が必要になりそうな場合は、つみたて NISA を検討しても良いかもしれません。

iDeCoとつみたて NISA の口座開設数はそこまで大差がないといわれていますので、人気は二分しているようです。フリーランスの方であれば、つみたて NISA と iDeCoの両方をバランスよく運用しても良いでしょう。

ありがとうございました。それでは最後に、フリーランスの方へメッセージをお願いします。

投資というと「ノウハウが必要」「リスクがある」などのイメージを持つ方もいるかもしれませんが、国が打ち出したつみたてNISAやiDeCoといった制度は、初心者でも利用しやすいようなわかりやすい仕組みになっていると思います。

難しく考えすぎずに、まずは少額から少しずつ始めて、慣れたら金額を増やすなどして、上手く活用してみてはいかがでしょうか。