最短30分未満!FREENANCE即日払いの審査を早くするコツ

みなさん、「即日払い」を使っていますか!?

2018年10月にサービスを開始して以来、おかげさまで毎日たくさんのフリーランスや小規模事業者のみなさんにFREENANCE即日払いをご利用いただいています。

FREENANCE即日払いを知らない方のためにお話しすると、

FREENANCE即日払いはフリーランスのみなさんの請求書(専門用語で売掛債権と呼びます)を買い取って、その代金を「審査完了後」に即日、普段使用しているメインバンクの口座に振り込むという仕組みです。

代金が支払われるのは審査完了後、即日‥?

はい、気になりますよね。「審査完了後」というキーワード。

これは、申し込んでから即日中にFREENACE事務局がユーザーに代金を支払うわけではなく、あくまでも「審査が完了してから即日中」に支払うということを意味しています。

「なんだ、審査って時間がかかるんじゃない?それじゃあ、申し込んだその日にはお金を受け取れないの?」と思う方もいるかもしれません。

ご安心ください。

審査を通過する申し込みのほとんどが、1h以内に審査完了。30分未満で完了する場合も。

実はFREENANCE即日払いに関する審査のほとんどは、その工程の多くが自動化されているため、審査開始からわずか1h以内には審査が完了しています。本当に、申し込んでから即日に代金が入ってくるというわけです。

とはいえ、人手を介した審査が必要な工程も一部あります。主に請求書の信憑性確認等のために、即日払いを申し込んだユーザーとFREENANCE事務局とのコミュニケーション部分に時間をいただいています。

つまりこのコミュニケーション部分を減らすことができれば、30分未満で請求書の現金化を完了させることも夢ではありません!

審査を早く終わらせるコツは「エビデンス」

FREENANCE即日払いに申し込んでいただいても、「請求書のアップロードのみ」で買取が成立することはほとんどありません。

大抵の場合は、さまざまな角度から、請求書に付随するエビデンス(取引が問題なく成立している証拠となるもの)を提出していただいています。

逆に言えば、これらのエビデンスをあらかじめ用意していただけると、審査がとてもスムーズになるのです。

審査をスムーズに進めるために有効なエビデンスは、以下です。

1:請求書をクライアントに送付済みであることを証明するもの

例)請求書を送付したメール、チャット、メッセンジャー等のやり取りのスクリーンキャプチャー等。請求書を送付したメールのbccに shinsa@freenance.jpを入れていただくことも大変有効です。※クライアントのアドレスが確認できることが必須。

2:請求内容をクライアントが確認済みであることを証明するもの

例) クライアントから届いた請求書受領確認メールの転送等。

3:請求金額が確定している(成果物を納品済みである)ことを証明するもの

例) 契約書、発注書、またはそれに該当するやり取り等。

4:クライアントと過去にも取引があることを証明するもの

過去にそのクライアントと取引があることも、審査を有利にする材料になります。例)これまでに該当クライアントからフリーナンス振込専用口座に入金があること、入金履歴が記載された通帳のコピー、Moneytreeの連携等。

エビデンスを用意することで、即日払いがより利用しやすく!

事前にエビデンスを用意しておけば審査がスムーズに進み、まさに即日、代金を受け取ることもできます。今後FREENANCE即日払いを利用する際には、ぜひエビデンスを用意してみてくださいね!