FREENANCE MAG

【税理士監修】FREENANCE(フリーナンス)の会費は、確定申告に向けてどう仕訳をする?

FREENANCE(フリーナンス)の会費は、確定申告に向けてどう仕訳をする?

フリーランス・個人事業主が確定申告を正確に行うためには、取引や経費の仕訳についての知識も身につけておくことが大切です。

FREENANCE(フリーナンス)会員の方の中には、フリーナンスの会費を、確定申告に向けてどのように仕訳すればよいのか迷っている方もいるのではないでしょうか。

今回はフリーナンスの会費の仕訳方法や注意点について、税理士の河野さんに解説していただきました。

ニーズに合わせて選べるフリーナンスの3プラン

フリーナンスは2022年10月より、『フリー』『レギュラー』『プレミアム』の3つの会員プランを提供開始しています。

フリーナンス会員プラン

フリー会員には、仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故を最高5,000万円まで補償する損害賠償保険「あんしん補償Basic」が無料で付帯します。

レギュラー会員には、フリーランス特有の仕事中の事故の補償に加え、情報漏洩や著作権侵害といった業務過誤も補償する「あんしん補償」が付帯。さらに、ケガや病気による収入減少に備える所得補償保険「あんしん補償プラス」への加入に必要となるAWS協会会員権も付帯するなど、補償を充実させたい人におすすめのプランです。

プレミアム会員は、手厚い補償が付帯するのはもちろん、事業用の住所が持てる「バーチャルオフィス」や、取引先からの支払いに “カード決済”を手軽に選んでもらえるフリーナンス カード決済」がお得に利用可能です。

フリーナンスの会費はどう仕訳をする?

ここからは、フリーナンスの会費の仕訳方法について、税理士の河野さんに解説していただきます。

河野税理士:フリーナンスの会費は業務上、必要経費として認められます。従って、会費を支払った時点で経費として会計処理します。仕訳で示すと以下のようになります。

借方 貸方
諸会費 ○○円 現金預金 ○○円

※○○円には実際の金額が入ります。

仕訳をするときの注意点は?

河野税理士:フリーナンスの会費は年払いにすることによって20%割引になるため、年払いを選択する方も多いでしょう。その場合には、経理処理が二段階になるため注意が必要です。

たとえば、期中に会費の1年分を前払いした場合には、いったん前払費用勘定で処理し、毎月、費用化することになります。1年分を支払った時点で、全額がその期の費用になるわけではありませんので注意が必要です。

例:期中に「レギュラー」会費1年分(5,880円)を支払う場合

1年分支払時

借方 貸方
前払費用 5,880円 現金預金 5,880円

毎月末時

借方 貸方
諸会費 490円 前払費用 490円

フリーナンスの会費は仕入税額控除できる?

河野税理士:個人事業主でも課税事業主であれば、フリーナンスの会費が仕入税額控除できるかどうか気になりますよね。

結論からいうと「フリーナンスの会費は、仕入税額控除の対象になる」と考えられます。

消費税法上、仕入税額控除の対象となるかどうか、つまり課税仕入れとなるかどうかは 「会費の支払いによりその団体からなんらかのサービスの提供を受けることができるか」によって判断します。

フリーナンスの会費は、その支払いにより、さまざまなサービスの提供を受けることができると考えられるため、当該会費も仕入税額控除の対象になると考えられるでしょう。

執筆者profile
河野雅人 公認会計士・税理士 河野雅人
 東京都新宿区に事務所を構え活動中。大手監査法人に勤務した後、会計コンサルティング会社を経て、税理士として独立。中小企業、個人事業主を会計、税務の面から支援している。独立後8年間の実績は、法人税申告実績約300件、個人所得税申告実績約600件、相続税申告実績約50件。年間約10件、セミナーや研修会などの講師としても活躍している。趣味はスポーツ観戦。
フリーナンスはフリーランス・個人事業主を支えるお金と保険のサービスです

▼あわせて読みたい!▼