FREENANCE MAG

フリーランスが法人化する費用が以前より軽減?会社法改正による変更点などを解説

FREENANCE 法人化 会社法

フリーランス・個人事業主として仕事をする中で、「順調に売り上げが増えてきた」「取引先からの信頼度を高めたい」等の理由で法人化を検討する人もいるでしょう。

法人化にはある程度の費用がかかりますが、2021年に改正会社法が施行され、資本金に応じ会社設立(法人化)の費用が低減されるようになりました。

また、ITの活用や起業促進の観点から、一人会社の場合はすべての手続きがオンラインでできるようになるなど、利便性向上がはかられるようになったのをご存知でしょうか?

この記事では、会社設立の手続きがどのように変わったかを解説していきます。

株式会社の「定款認証費用」が最大2万円安くなる

株式会社を設立する際には「公証人役場での定款認証」という手続きが必要です。定款とは、会社の規則や基本的な情報などが記載された重要な書類です。手続きでは公証人に、会社の定款内容に問題がないかを確認してもらう必要があります。(合同会社の場合は不要)

これまでは、株式会社の公証人役場での定款認証費用は、一律5万円とされていました。(雑費等も含めると約52,000円)これが2022年1月からは以下のように、資本金に応じて認証手数料を納めるように変更されました。

資本金 定款認証手数料
100万円未満 3万円
100万円~300万円未満 4万円
300万円以上 5万円

資本金300万円未満の会社を設立する場合は、これまでよりも手数料が1万円~2万円安くなります。合同会社の場合は定款認証が不要のため、これまでと費用に変化はありません。

定款認証手数料以外の会社設立費用についてもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

合同会社 株式会社
定款認証手数料 定款認証不要 3~5万円
謄本手数料 定款認証不要のため謄本手数料も不要 約2,000円
収入印紙代 4万円
電子定款なら0円
4万円
電子定款なら0円
登録免許税 6万円~
資本金857万円を超える場合は
資本金×0.7%
15万円~
資本金2,140万円を超える場合は
資本金×0.7%
資本金 1円以上 1円以上
諸費用 約1万円
実印作成・印鑑証明取得・全部事項証明(登記簿謄本)発行費用等
約1万円
実印作成・印鑑証明取得・全部事項証明(登記簿謄本)発行費用等
合計
(電子定款利用)
約7万円~ 約192,000円~

※上記の「合計」は資本金を除く金額になっています。

株式会社の場合は約19万円、合同会社の場合は約7万円の費用が発生します。
その他にも、会社印作成費、名刺代、オフィスを借りる場合はその契約金などのコストが考えられます。

「最初からオフィスを構えるつもりはないけれど、登記簿やHPへ掲載する住所は自宅と別にしたい」と考える人には、入会金・保証金なしの格安バーチャルオフィスの利用もおすすめです。

FREENANCE

ビジネス用に、自宅とは別の住所を使用したい方へ
「フリーナンスバーチャルオフィス」

請求書に記載する住所やWebショップに記載する住所など、フリーランスは自宅の住所を開示しなければならない場面は多々あると思います。そんなときは入会・保証金なし利用料金は月額770円(税込)から人気エリアにオフィスが持てるフリーナンスバーチャルオフィスをご活用ください。住所の登記が可能となるプランもご用意しています。
https://freenance.jushorental.com/

一人株式会社/一人合同会社の設立手続きがオンラインで可能に

これまで会社設立は、法務局・公証人役場、設立後は市町村・税務署・年金事務所など官公庁に出向き、書類を提出する必要がありました。これが、社員がおらず社長が一人で経営している「一人会社」は、書面を管轄の法務局に持参等しなくても、設立登記をオンラインで申請することもできるようになりました。

参考:法務省「一人会社の設立登記申請は完全オンライン申請がおすすめです!」

オンライン申請はマイナポータルに設置されている「法人設立ワンストップサービス」からも行うことができます。

参考:デジタル庁「法人設立ワンストップサービス」

ただし法人設立ワンストップサービス単独で会社設立の手続きを行うには、定款など多くの書類を自分であらかじめ作成しておく必要もあります。そんなときは、うまく外部サービスを利用すると一気に負担が減らせる可能性があります。例えば『freee会社設立』は、書類作成をオンラインで行え、作成した書類をそのまま法人設立ワンストップサービスに送信できるサービスです。

今回の会社法改正で、会社設立の簡便化と一部費用の削減が図られています。ぜひ専門サービスなどを活用し、起業の手続きをスムーズに進めていきましょう。

profile
文/げんとく:中央大学法学部を卒業後、出身地にUターン。団体職員として債権管理・自己査定などに従事し、3年勤務後フリーランスに。2年前よりWeb作成事業・ライティングの受託を主業務に。得意ジャンルは金融・経営・法務・行政手続・子育て・デジタルガジェットなど。現在クライアントワークで作成した記事は500記事を越える。

法人化前に資金ショートや損害賠償のリスクに備えを!

個人で行っていた事業を法人化すると、外部に仕事を依頼したり、新たな案件を獲得するための環境を整えたり、報酬が入る前に出費が重なり手元の現金が不足してしまう……という不安に直面する機会も増えてくるのではないでしょうか。

そんなときはぜひ、支払い期日前の請求書を最短で即日中に現金化できるフリーナンスのファクタリングサービス『即日払い』を活用してください。

「フリーナンスはフリーランス・個人事業主のサービス」というイメージが強いかもしれませんが、必要な書類を提出して審査を通過すれば法人の方でも会員登録は可能です。もちろん、ファクタリングサービス『即日払い』もフリーランス・個人事業主の方と同様に利用できます。

また、フリーナンスのレギュラー・プレミアム会員になると、仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故の補償(最高5,000万円)、情報漏えいや著作権侵害などフリーランス特有の事故の補償(最高500万円)を行う『あんしん補償』が付帯します。 法人化して仕事の規模が大きくなると、トラブルがあった場合の損害も大きくなりかねないため、法人化するにあたって加入しておいて損のない保険です。

▼あわせて読みたい!▼