FREENANCE MAG

【税理士が解説】フリーランスや個人事業主がファクタリングを利用するメリット・デメリットは?

ファクタリング

ファクタリング(Factoring)は、企業においてはもちろん、フリーランスや個人事業主でも活用できる資金調達手段として注目を集めています。

「資金繰り」の対策「貸し倒れリスク」の回避など、その有用性は、フリーランサーの間でも広く知られるようになりました。

今回は、ファクタリングの利用にあたってのメリットやデメリットをまとめて解説します。

ファクタリングのメリットとは?

ファクタリングとは、簡単にいえば、フリーランスや個人事業主である「あなた」の請求書(売掛債権)をファクタリング会社に買い取ってもらうことです。

買取ファクタリング(買取型)とも呼ばれており、メリットとしては以下の4つが挙げられるでしょう。

メリット1:即日で資金調達が可能

ファクタリングの最大のメリットは、早期に確実な資金調達が可能という点があります。資金が必要になったとき、銀行借り入れや公的融資を利用すると審査に時間がかかり、すぐに資金を調達することができません。

個人事業主であっても売掛債権を有していれば、ファクタリングを利用することで、最短即日のうちに確実に資金を調達することができます。

メリット2:「貸し倒れリスク」を防げる

取引先からの売掛債権の入金が遅延したり、倒産などで回収不能になったりした場合には、資金繰りに大きな影響を及ぼしかねません。

ファクタリングでは、売掛債権を譲渡し、現金化しています。そのため、取引先の倒産といった「もしも」の場合による、売掛債権を回収できない「貸し倒れ(貸倒れ)」のリスクは最小限で済みます。もちろん、ファクタリング会社へ返金する必要もありません

メリット3:保証人や担保が必要ない

ファクタリングは銀行融資や公的融資と異なり、保証人や担保は不要です。

一般的に融資を行えば、保証人や担保が必要になり、負債を抱えることで信用情報に影響しますが、ファクタリングではそのようなことはありません。ファクタリングの審査では、自身の信用力ではなく、取引先の信用力の方が重視されるのです。

メリット4:フリーランスや個人事業主に特化したサービスが提供されている

数多くあるファクタリング会社のなかには、法人向けだけでなく、「FREENANCE(フリーナンス)即日払い」のようにフリーランスや個人事業主に特化したサービスを提供している会社もあります。

参考
FREENANCE(フリーナンス)即日払い
https://freenance.net/sokujitsu

ファクタリングのデメリットとは?

ファクタリングには多くのメリットがありますが、デメリットも把握しておくことが賢明です。以下の3つを確認しておきましょう。

デメリット1:サービス登録が必要

ファクタリングサービスを利用するためには、ファクタリング会社に登録し、契約を締結しなければなりません。登録には、一般的に「開業届」や直近の「確定申告書」本人確認書類などが必要になります。

デメリット2:手数料がかかる

ファクタリングを利用すると、売掛債権の額面から手数料が差し引かれた金額が支払われます

本来の売掛債権の額面から手数料の分だけ回収金額が減ることになるため、必ず手数料を確認しておきましょう。また、手数料の割合はサービスの内容によって異なります。

デメリット3:取引先へ通知をする場合も

「あなた」「ファクタリング会社」「取引先」の3者が関わる“3社間ファクタリング”の場合、「あなた」がファクタリングサービスを利用したという事実が、取引先にも知られることになります。つまり、取引先に「資金繰りが厳しいのでは?」というマイナスなイメージを与える可能性があります。

なお、FREENANCEが提供する「FREENANCE ともだち」は3社間ファクタリングですが、提携会社(=ともだち企業)間のみ利用が可能です。「ともだち企業」が「あなた」のファクタリングの利用についてマイナスイメージを持つことはありません。

「FREENANCE」では、フリーランサーや個人事業主がもっと活躍する社会にしたいという想いに賛同し、『即日払い』をフラットに利用できる環境の構築に協力いただける「ともだち企業」を広く募集し、『FREENANCEともだち』の輪を広げてまいります。

「FREENANCE byGMO」が、企業・自治体との提携プログラム 『FREENANCE ともだち』を開始

まとめ

ファクタリング利用のメリット ファクタリング利用のデメリット
即日で資金調達が可能 サービス登録が必要
貸し倒れリスクを回避 手数料が必須
保証人・担保が必要ない 取引先へ通知をする場合も
個人事業主特化型サービスあり

ファクタリングには売掛債権の額を満額回収できないというデメリットはありますが、それを上回るだけの多くのメリットがあるといえます。記事の内容を踏まえ、資金調達方法のひとつにファクタリングの利用も検討してみてください。

執筆者profile
公認会計士・税理士 河野雅人
東京都新宿区に事務所を構え活動中。大手監査法人に勤務した後、会計コンサルティング会社を経て、税理士として独立。中小企業、個人事業主を会計、税務の面から支援している。独立後8年間の実績は、法人税申告実績約300件、個人所得税申告実績約600件、相続税申告実績約50件。年間約10件、セミナーや研修会などの講師としても活躍している。趣味はスポーツ観戦。
FREENANCE

ピンチにも、チャンスにも。ファクタリングサービス
「FREENANCE即日払い」

FREENANCE会員(会員登録は無料)になると、手持ちの請求書を最短即日中に現金化できるファクタリングサービス「即日払い」を利用できます。
会員登録自体は最短3時間程度で完了。会員登録を申し込んだその日に即日払いを利用することも可能です。
https://freenance.net/sokujitsu

▼あわせて読みたい!▼

今すぐ無料登録
会費ずっと
0