【編集者・ライター対談】効率的にお金を稼ぐことができるフリーランスの特徴とは?

フリーランスは、より効率的にお金を稼ぐ方法を自分自身で考える必要もあります。稼ぐ方法として大きく「数をこなす」「単価を上げる」の二つの方法がありますが、稼げるフリーランスはどのようにして自分の単価を上げていくのでしょうか。

フリーライター・経済誌編集者として活躍する國友公司さんと、数多くのフリーランスを抱える編集プロダクション「studio woofoo」の発注担当を務めてきたGMOクリエイターズネットワークの坂本が語ります。

profile
國友公司:1992年生まれのフリーライター・経済誌編集者。大学在学中より「日刊SPA!」などでライター活動をはじめる。卒業後は日本最大のドヤ街と呼ばれる大阪市西成区あいりん地区へ移住し、「ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活」を執筆。その後、週刊誌記者を経て、某経済誌編集部へ。

坂本祐介:元フリーランスのイラストレーター・映画ライター。現在はGMOクリエイターズネットワークの運営する編集プロダクション「studio woofoo」にて校正・校閲を担当。入社以来、長らくフリーランスのライターへの発注業務を担当していた。

稼げるフリーランスは「単価を下げる=仕事が取りやすい」ではないことを意識する

坂本

フリーランスとして仕事をしていくなかで、お金の稼ぎ方や、自分の仕事の単価の決め方に悩んでいる人は多いですよね。

僕は現在フリーライターとしても仕事をしているのですが、クライアントから「いくらですか?」と聞かれると困ってしまい、「御社は普段、どのくらいで発注されていますか?」と聞き返してしまいます。いくら欲しいという希望はあっても、果たして自分の記事にいくらの価値があるのかが分かりません。

國友さん

坂本

おっしゃる通り、自分の価値というものは数値化が難しいですよね。僕がフリーライターさんに仕事を発注する際は、文字数をベースに価格を決めることが多いですが、國友さんはご自分の文字単価も決めていないですか?

studio woofoo担当者・坂本

決めていないですね。決めるべきだし、稼げるフリーランスになるには、決めた後にその単価をあげていく工夫も必要だと思っています。編集者としても仕事をするようになって再認識していますが、たとえばライターさんでも、安く仕事をしてくれるひとよりも、多少高いお金を払ってでも、じっくりと質の高い原稿を書いてくれるひとの方が、断然価値があると思います。

國友さん

國友公司さん

坂本

そうですね。安いフリーランス=重宝する、発注したくなる、とは限りませんから。自分の価格を低く設定しすぎても安い仕事しかこないので稼げないですし、かといって実力に伴わない価格を付けてしまってもクライアントからはよく思われない。目立った実績を積むまでは価格を低く設定して、経験がついてきたら自分の方から価格提案をしていくのも大事だと思います。

素人とプロの混在による価格破壊。プロのフリーランスがすべきことは?

私は大学3年生のときにライターの仕事を始めましたが、そのときの単価は泣けるくらいに低かった。しかしそういった仕事って、取材の必要がなかったり、ろくに編集もされなかったり。そのぶん、数をこなすことは容易ですが、仕事自体の質は低いといえます。自分が業界に入ったとき(2016年頃)はすでにその状態でしたが、いつからこういった仕事が増えたのでしょうか。

國友さん

坂本

ひと昔前のフリーランスは、企業で経験を積んでから独り立ちするケースが主流だったので、「プロ中のプロ」が多かったみたいですね。

それが、近年変わってきた?

國友さん

坂本

はい。クラウドサービスができたことで経験のない方でも気軽にフリーランサーになれるようになりました。また、クラウドサービスは副業として利用するひとも多いので、実力があっても安く仕事を受けてくれるひともいます。結果としてかなり安い金額で仕事をするひとが増え、今の価格破壊につながったんだと思います。

素人とプロが混在してしまった。それによって、相場が下がり、フリーランスは稼ぐのが難しいというイメージもついてしまったわけですね。

國友さん

坂本

コンテンツマーケティングが大流行して、Web記事の量産化が後押ししたというのもあると思います。

フリーランスを取り巻く環境は時代とともに変化している

企業側には副業解禁の流れがありますよね。つまり、フリーランスという働き方はこれから先、どんどん増えてくると思います。フリーランスにとってはライバルが増え、さらに稼ぎづらい状況になるでしょうか。

國友さん

坂本

副業でアウトソーシングを受けているひとたちが低い単価を受け入れてしまうと、専業のひとたちにその波がきてしまう。専業のひとたちは単価が高いので使われる機会が減っていき、結果、低い単価を受け入れざるを得ない。これではまた、負のスパイラルが起きてしまいますね。

企業側がアウトソーシングをする際は、受注側のスキルをしっかりと見抜く力が求められるのかもしれません。見抜いたうえで、実力のあるフリーランスに低い単価で仕事を持ちかけるようなところが出てくると、業界全体の質が落ちてしまうわけです。

國友さん

坂本

ええ、発注側はそこを肝に銘じなくてはいけません。

そしてフリーランス側も、報酬に関して足元を見られないようにはどうすればよいか を考えながら仕事をしていくべきです。

國友さん

フリーランスが稼ぐには、数をこなすのも方法の一つ。ただし「失速」には注意

フリーランスがより効率的にお金を稼ぐことを考えたとき、まず「本数をこなす」「単価を上げる」という2つの方法があると思います。どんなフリーランスなら、本数も単価も上げることができるのでしょうか。

國友さん

坂本

発注する側から見て思うことは、本数をこなすときに途中から失速してしまう人が多い。月に10本発注したときに、5本目くらいから明らかに質が落ちていることがあります。そのときに発注側は『来月は5本に抑えておこう』と気を遣ってしまうんです。

「本数をこなす」方法で稼ぐときは自身のキャパシティを知ることも大切

たしかにフリーランスとしては、10本お願いしますと言われたら、10本受けてしまいがちです。

國友さん

坂本

本数をこなすときに重要になってくるのは、1本1本のクオリティを守ることです。仕事をすべて同じクオリティで仕上げてくる人の方がプロだといえます。

クライアントの期待するクオリティを、担保できる本数だけを受けることが重要ということですね。

國友さん

坂本

1本1本を本気でやっていれば「このひとの仕事は、1万円の仕事ではないな」と思わせることができる。するとクライアントは単価を上げざるをえない。クライアントに力がなく、単価を上げきれなかった場合、「うちはここまで出す」という声が他からあがる。そういった流れで単価というものは上がっていくのではないでしょうか。

逆に、単価を上げづらい、クライアントからの信頼を獲得しづらいフリーランスというのは?

國友さん

坂本

フリーランスの方のなかには、レギュレーションを軽視してしまうひともいる。文章としてはうまいけれど、メディアのターゲット層にリーチするかまでを考えてくれていないのです。フリーランスの方も、クライアント側の視点を常に養っておく必要は十分にあると感じますね。

はい、私もライターと編集者の両方を経験したうえで、それは必須であると感じます。日常的にアンテナを張り、どうすればターゲットに届くものを作れるか。それを考え続けることは非常に労力がいりますが、フリーランス側もそこから目をそむけてはいけない気がします。

國友さん